2009年02月24日

本日の米国株相場について 2/23

本日の米国株相場について

2月23日

森  崇

S&P500指数とダウ指数は1997年以来の安値をつけた。

続落の背景
1.金融安定化についての具体策が未だ発表されていない。
財務省、連邦預金保険公社(FDIC)などと米連邦準備制度理事会(FRB)は23日、断固として金融システムを支えるとする緊急声明を連名で発表した。これは為替市場でドルの支援材料となったが、あくまで応急措置的リップ・サービスであり、待たれている金融安定化に関する具体策ではない。ここから失望売りが出た。

2.ダウ指数がITバブル崩壊後の最安値7,197(2002年10月9日のザラ場の安値)を下回った。テクニカルな支持線が6,000ドルまでないことから、投機筋から売りを招いた。

3.個別に悪材料が広範に出た。
@鉄鋼株に悪材料。
アルセロール・ミタル(MT)
★UBSが同社株の投資判断を“買い”から“中立”に引き下げた。世界の鉄鋼生産は急速に増加し過ぎたと言う。これを受け、ヌーコアなど他の鉄鋼株も安い。
★EU規制当局から、鉄筋コンクリート用の鉄鋼に関して、価格談合があったとして、同社の子会社が罰金支払いに直面していると言う。

A医療保険株に悪材料。
ヒューマナ(HUM)
★医療保険全米2位のヒューマナがネガティブ・コメント。2010年のメディケア・アドバンテージ・プログラム用暫定料金は、もし提案に変更がなければ、保険会社の保険料にも、加入者ベネフィットにも明らかにネガティブに作用するとコメントした。その他健康保険会社株も急落。UNH、AET、CVH、WLP、HSなどが急落した。

B運用会社に悪材料。
ジャナス・キャピタル(JNS)
★投資顧問会社の信用格付けがS&Pによって引き下げられた。BB+へと、ジャンク債レベルまで下げられた。

Cハイテク株に悪材料。
モルガンスタンレーが、顧客向けに、ハイテク株と素材株をアンダー・ウェイトするように推奨した。世界景気は引き続き悪化していると言う。直近の上昇レベルでは売りを推奨。単なるバリュエーションが適正だけの理由では、株は上がらないとしている。収益モメンタムが依然ネガティブだと言う。

Dアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)株に悪材料。
AIGは、米政府に追加支援を求めて交渉している。CNBCは、AIGが最大600億ドルの損失を発表する可能性があると述べた。また、同社が連邦破産法の適用申請の可能性についても検討していると伝えたが、それが実現する見込みはほとんどないと指摘。


私見
米国株はテクニカルな支持線を下回った。当面下落圧力が続くだろう。ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに対し、米政府が破綻処理をしたうえで再建を目指す手法の具体的な検討に入ったとWSJ紙が報じた。両社の破綻処理には少なくとも400億ドルの費用が必要だという。オバマ政権は、米連邦破産法11条で両社を破綻処理することを選択肢として真剣に検討しており、JPモルガンなど大口債権者と協議を進めていると言う。破綻処理後に金融機関に再建資金を出資させ、それを政府が保証する形を取る。今日のところは、自動車株はしっかりしている。

フォードと全米自動車労組(UAW)が、フォードの退職者を対象とした任意従業員福利厚生基金(VEBA)の契約変更で暫定合意したことが背景である。しかし、破綻手続きを取った場合の景気への影響を相場は懸念する筈である。このように、市場にはかなり悪材料が集中しているが、ポジティブ面もある。米銀行監督局は23日、25日から各銀行に対する負荷テストを実施するとの共同声明を発表した。負荷テストの結果を受け、公的資金の注入を決定する。保有する転換権付優先株を普通株に転換する手法を取る。ガイトナー米財務長官は今週、国内大手銀に対する負荷テストの詳細を発表する。テストの結果、どの銀行にどの程度の資本余剰を求めるかを決めるという。保有する同銀の優先株を普通株に転換すれば、銀行国有化に向かうことになる。銀行危機への解決策として短期的には政府による銀行接収が回避不可能かもしれない。これが少なくとも金融セクターの安定化に役立つだろう。また、金融安定化に向けた具体策の提示も待たれるところだ。


=以上=
posted by mori at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。