2008年09月30日

金融安定化法案の行方(否決による市場の反応)

金融安定化法案の行方(否決による市場の反応)

9月29日

森  崇


米下院が29日、金融安定化法案を賛成205票、反対228票で否決した。政府が金融機関から7000億ドルの不良資産を買い取ることなどが柱だった。同法案は、資産を買い取る権限をポールソン財務長官に付与するもので、バーナンキFRB議長は、法案が否決されるようなことになれば金融システムに深刻な脅威がおよぶと警告していた。

もともと、この金融安定化法案は、法案化に向けた協議の中で、民主党が修正を求めたほか、共和党の下院が対案を提出するなど難航を続けた経緯がある。28日未明、法案取りまとめで最終合意に達しており、可決は楽観視されていた。しかし、共和党議員の多数が反対に回った。11月4日には、大統領選と上下両院選挙が実施されることから、有権者の反発に配慮して造反したものだろう。民主党でも造反組が相当数出ており、両党幹部の制御が効かないと言うリスクを露呈する結果となった。

株式相場は当面続落が予想される。ダウ指数10,000ドル割れもあるのではないか。ただし、10月28日〜29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を待たずしてFRBが緊急利下げを実施する可能性が出てきた。FFレート先物は、10月FOMC時での0.5%利下げを70%以上織り込んでいる。

法案の行方については、何らかの落しどころを見出し、近日中に可決されると見る。米下院のステニー・ホイヤー民主党院内総務(メリーランド州)は29日、以下の通り発言している。

「上院は早ければ10月2日に新たな救済法案を審議する可能性がある。上院は恐らく何らかの法案を可決する。その上で法案を下院に差し戻すだろう。これを我々は審議することになろう」

下院は明日からユダヤの休日(30日と1日の2日間)で休会する為、10月2日に再開する。従って、再採決は10月2日以降か。民主党は大半が賛成に回っている反面、共和党では、賛成派の2倍が反対に回っている。従って、共和党反対派の賛成への取り込みが鍵となろう。

ただし、改正金融安定化法は、有権者の反対をより配慮したものになることが予想され、金融機関が利用しにくいものになるだろう。その意味では、実効性に疑問が出るが、対策は次のステップに譲ることとし、とりあえず、市場は急反発で歓迎しよう。


=以上=
posted by mori at 18:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

今後紆余曲折はあるが、相場は大底を打った

今後紆余曲折はあるが、相場は大底を打った

9月21日

森  崇


米政府が総合的な金融安定化対策を打ち出し始めた。株価急落と言う市場に促される形で、場当たり的個別救済策を取っていたが、ついに、金融・資本市場の再生、健全化を目指した包括策に軸足を移し始めた。待ち望まれていたところである。

今週号のバロンズ紙には、リーマン破綻、AIG実質国有化、メリルのスピード救済買収の前にこの動きが出ていたら、これほど市場は混乱しなかっただろうとのコメントが掲載されていたが、それは違う。

リーマンが実際破たんし、AIG、メリルと、連鎖破綻の可能性が高まったから、政府が重い腰を上げたのだ。破たんしたリーマンの資産規模は下図の通りである。2000年台初頭のITバブル崩壊時に破たんしたワールドコム、エンロンなど足元にも及ばない。ましてや、経済活動の血脈とも言える金融業界からの破たんであってみれば、悪影響はさらに甚大なものになる。

clip_20080922_08.JPG


伝え聞くところでは、ブッシュ大統領は、公的資金投入に消極的だったと言う。もともと、共和等は、小さな政府を標榜し、民間活力を生かした経済運営を旨としている。ここに、ポールソン財務長官が、「このまま放置しておいたら、1930年のフーバー大統領の失態の二の舞になる」と、強く政府の介入を迫ったと言う。

リーマンが破たんし、ドミノ倒しのように他の金融機関株が暴落、国民の財布であるマネー・マーケット・ファンドまでが元本割れし、取り付け騒ぎが全米レベルで広がっているのを目の当たりにし、ブッシュ大統領はついに公的資金投入を決意したと言う。このような事態にならないと政府は動かない(実際、血税を使っての救済に、国民の同意も得られないだろう)。しかし、いざ動き出したら徹底している。

また、FRBはじめ、世界の主要中銀が、金融市場安定化を目指し、協調行動をとり始めた。さらに、主要各国がPKOで足並みを揃え始めた。以下が主な動きである。
  
@中国国営の新華社通信は18日、同国の政府系ファンド(SWF)、中国投資公司(CIC)が複数の国営銀行の株式を取得する意向だと報じた。市場の安定化策。また、株式購入に際しての印紙税を撤廃する計画も表明。また、中銀は利下げに踏み切った。

Aロシアのメドベージェフ大統領は18日、公的資金による5000億ルーブル(約2兆500億円)規模の株式買い支え策を柱とする緊急市場安定化策を発表。ロシアが大規模な市場刺激策を決めたのは1998年の経済危機以来。また、金融機関の流動性不足を解消するため銀行全体への貸出枠を現行の約4500億ルーブルから1兆5140億ルーブルに引き上げることを決定。10月1日からは石油輸出税を引き下げる。

B英国金融当局は、金融株の空売りを来年の1月16日まで禁止すると発表。また、当該会社発行済み総株式数の0.25%以上保有投資家は、これの公表を義務付ける。ただし、この時限立法は、30日後に見直すと言う。市場安定化策である。


今回の金融危機を日本と比較してみよう。
clip_20080922_09.JPG

clip_20080922_10.JPG


日本で7年かかったプロセスを7ヶ月間でやっている。従って、相場の下落率も低くなっているのだ。

さて、これから注目されるのは、金融機関からの不良債権の買い取り構想の中身である。ブッシュ政権は、26日までに必要な法案の可決を求めている。議会が休会に入るためである。構想は、米政府が2年間にわたり、最大7000億ドルの不良債権を買い取るというものであるであるが、対象金融機関の範囲はどうか(当初案では、米国内にあっても、海外金融機関は対象外とされていたが、米国でかなりの事業を展開しているケースとし、海外金融機関も対象内にされる可能性が高まった)、買い取り価格はどうなるか(血税を使うことから、最も安い売却価格を提案した金融機関の債権を買い取る“逆入札”方針が検討されている)などに焦点が移ろう。特に、不良資産の買い取り価格が低すぎると、不良債権を換金化し、バランス・シートから外せたにしても、金融機関の資本不足を招く恐れがあり、公的資金注入の可否が論ぜられることになろう。

まだまだ先には紆余曲折があろう。問題の源流にある不動産デフレ解消も収束まで程遠い状態だ。しかし、今回の措置により、パニック的売りが収まり、金融市場の混乱が沈静化しつつあることは紛れも無い事実である。何よりも、米国政府が遂に思い腰を上げたのだ。危急存亡時の団結力は素晴らしい。超党派での徹底した対応策が出てくるだろう。期待したい。



=以上=
posted by mori at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ハリケーン“アイク(Ike)”での爪あと

ハリケーン“アイク(Ike)”での爪あと


clip_20080916_01.JPG

clip_20080916_02.JPG

clip_20080916_03.JPG

clip_20080916_04.JPG

clip_20080916_05.JPG

clip_20080916_06.JPG

clip_20080916_07.JPG

clip_20080916_08.JPG

clip_20080916_09.JPG

clip_20080916_10.JPG

clip_20080916_11.JPG

clip_20080916_12.JPG

clip_20080916_13.JPG

clip_20080916_14.JPG
posted by mori at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

ハリケーン“ハンナ”のハイチ(ポルト・プランス)での爪あと

ハリケーン“ハンナ”のハイチ(ポルト・プランス)での爪あと


clip_20080908_26.JPG

clip_20080908_27.JPG

clip_20080908_28.JPG

clip_20080908_29.JPG

clip_20080908_30.JPG

clip_20080908_31.JPG

clip_20080908_32.JPG

clip_20080908_33.JPG

clip_20080908_34.JPG

clip_20080908_35.JPG

clip_20080908_36.JPG
posted by mori at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅問題

住宅問題


clip_20080908_09.JPG

clip_20080908_10.JPG

clip_20080908_11.JPG

clip_20080908_12.JPG

clip_20080908_13.JPG

clip_20080908_14.JPG

clip_20080908_15.JPG

clip_20080908_16.JPG

clip_20080908_17.JPG

clip_20080908_18.JPG

clip_20080908_19.JPG

clip_20080908_20.JPG

clip_20080908_21.JPG

clip_20080908_22.JPG

clip_20080908_23.JPG

clip_20080908_24.JPG

clip_20080908_25.JPG
posted by mori at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

ハリケーン「グスタフ」 ―ニューオーリンズでの爪あと―

ハリケーン「グスタフ」 ―ニューオーリンズでの爪あと―


clip_20080902_01.JPG

clip_20080902_02.JPG

clip_20080902_03.JPG

clip_20080902_04.JPG

clip_20080902_05.JPG

clip_20080902_06.JPG

clip_20080902_07.JPG

clip_20080902_08.JPG

clip_20080902_09.JPG

clip_20080902_10.JPG

clip_20080902_11.JPG

clip_20080902_12.JPG

clip_20080902_13.JPG

clip_20080902_14.JPG

clip_20080902_15.JPG

clip_20080902_16.JPG

clip_20080902_17.JPG

clip_20080902_18.JPG

clip_20080902_19.JPG

clip_20080902_20.JPG

clip_20080902_21.JPG

clip_20080902_22.JPG

clip_20080902_23.JPG

clip_20080902_24.JPG

clip_20080902_25.JPG

clip_20080902_26.JPG

clip_20080902_27.JPG

clip_20080902_28.JPG
posted by mori at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

ハリケーン「グスタフ」襲来前の避難、襲撃されたキューバの被害状況

ハリケーン「グスタフ」襲来前の避難、襲撃されたキューバの被害状況


clip_20080901_11.JPG

clip_20080901_12.JPG

clip_20080901_13.JPG

clip_20080901_14.JPG

clip_20080901_15.JPG

clip_20080901_16.JPG

clip_20080901_17.JPG

clip_20080901_18.JPG

clip_20080901_19.JPG

clip_20080901_20.JPG

clip_20080901_21.JPG

clip_20080901_22.JPG

clip_20080901_23.JPG

clip_20080901_24.JPG

clip_20080901_25.JPG

clip_20080901_26.JPG

clip_20080901_27.JPG

clip_20080901_28.JPG

clip_20080901_29.JPG

clip_20080901_30.JPG

clip_20080901_31.JPG

clip_20080901_32.JPG

clip_20080901_33.JPG

clip_20080901_34.JPG
posted by mori at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。